すべてのカテゴリ
EN

ホーム>製品>粉体製造炉シリーズ

碳管炉2
カーボンチューブ浸炭炉

カーボンチューブ浸炭炉


この炉は、低予算で大粒の炭化タングステン粉末を製造するのに最適です。

連絡先
特徴

温度制御
バランスの取れた電力網の要件を満たすために、3相から2相への変圧器を採用します。
炉の温度は1400℃~2400℃まで対応可能です。
赤外線、温度計、定電力など、複数の温度測定方法に利用できます。

安全性
ガスカーテンまたは二重ドアの設計により、炉床への空気の侵入を防ぎ、グラファイトチューブの期待寿命を大幅に向上させることができます。
c.Minimum Maintenance
DMF は炉管アセンブリの構造を改良し、従来の設計と比較して管を簡単に交換できるようにしました。

オートメーション
Auto-loading and unloading mechanism is available.
Multiple methods of pushing boat available for option, such as motor drive with variable frequency speed control, and cylinder with intermittent pushing.


Advantages

● Compact machine is available, expected to increase capacity by 20%.

技術的なパラメータ

1


2

お問い合わせ